カートを見る

鉄のカーテンを越える国際映画「歳三の刀」製作記者会見
【ユーラシアの風 映画祭 中国、ロシア、日本映画セレクション】
東京都杉並区阿佐ヶ谷2-12-21
JR中央線阿佐ヶ谷駅 徒歩3分

2022年5月21日(土) 15時〜記者会見@ザムザ阿佐ヶ谷
(前半 朝10時〜14時半 後半 16時〜20時 映画上映を行います)
15時からの記者会見登壇者
増山麗奈監督
セルゲイ・ノヴォジーロフプロデューサー
アンドレイ・ムイシュキン監督
ジョウスター
マキシム・コロソフ

 私たちユーラシア国際映画祭は2022年5月、7名の俳優監督をロシアから招聘し、ロシア、ドイツ、オーストラリア、ブラジルなど多国籍なチームで侍が世界に渡る映画「歳三の刀」を製作しています。
昨年は日露で映画のクランクイン、現在3割撮影を進め、残りの7割の撮影を5月16日から28日まで日本、東京神奈川で行います。
本作は150年前の新撰組の土方歳三が隕石の刀を持ち、ロシアに渡ったという歴史ファンタジーストーリー。映画の製作記者会見を開催いたします。どうぞご参加ください。

主演の土方歳三役を、武術と芸術を融合した唯一無二の「武楽座」(ブガクザ)を体現する源光士郎が演じ、辰巳琢郎(友情出演)、かんこなど、ロシアを代表する俳優マキシム・コロソフ、クセーニア・アリストラトワ、インドのボリウッド映画に出演するアレックス、フランス人女優アデイトなどユーラシアの星が出演する。監督は増山麗奈、アンドレイ・ムイシュキンが共同監督。

コロナの中、国際チームは準備を行なってきた。ロシアからのNETFLIXやディズニーが撤退する中、このような企画は世界で唯一。鉄のカーテンを超え、世界中でのヒットを目指す。


2022年5月21日(土) 10時〜20時 ユーラシアの風 映画祭 
内容:日本・ロシア・中国・インドの映画作品上映と、記者会見トーク

場所:ザムザ阿佐ヶ谷〒166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21

出演者:セルゲイ・ノヴォジーロフ、ジョウスター・増山麗奈・他

(上映作品)
◎「世界怪物大作戦」ジョウスター监督 ◎「サダコの鶴〜地球を繋ぐ」増山麗奈監督 ◎中露合同映画「陵水の謠」アンドレイ・ムイシュキン監督/ジアンリュウ監督 90分 
◎「MONEY KILL THE CAT」 台湾 10分 ◎「TWIN」ジョン・デバラジ監督 インド 14分 ◎増山麗奈監督「はじまりの日~ベーシックインカム元年」64分

(ユーラシアの風 映画祭) 
10時〜20時   映画上映 5,500円(1日通し)
15時〜映画とトークの集い 公開記者会見  3,300円



開催概要

第二回会場 東京都杉並区阿佐ヶ谷2-12-21
JR中央線阿佐ヶ谷駅 徒歩3分
日時 5月21日(土) 記者会見15時~
映画上映 
10時〜14時半 前半第一部
16時〜20時 前半第二部
参加費 5,500円(遠しチケット、特典付)、3,300円(会見・前半・後半どちらか)
お申し込み方法 上記ボタン(現地・オンラインそれぞれ)よりお申し込みください
第二回会場 東京都杉並区阿佐ヶ谷2-12-21
JR中央線阿佐ヶ谷駅 徒歩3分
映画「歳三の刀」ご協賛・祈念出演者募集中!
「歳三の刀」概要:映画撮影スケジュール 2022年5月16日〜5月28日
土方歳三の刀をめぐる。日野市と世界を舞台にした歴史ファンタジー映画。新選組の故郷である日野市を舞台にオーストラリアなど、世界をまたにかけて活躍する国際映画チームと撮影に挑む。 昨年ロシアと日本で撮影を開始。残りの4割を5月に日本で撮影。主演の若き土方歳三役は、源光士郎。晩年の歳三にはミスター土方歳三こと栗塚旭。また主演を支えるキャストとして名優辰⺒琢郎やシンガーソングライターである加藤登紀子など、実力派がキャストが集う。


【プレスリリース】
海外映画チーム映画団7名を来日招聘、多国籍映画を府中で撮影。
サムライが平和を切り拓く映画「歳三の刀」会見

記者発表「国際映画『歳三の刀』日本ロケクランクインのお知らせ」
日時:(1)5月17日(火)午前10時~ (2)5月17日(火)午後1時半〜
場所:(1)相模原市役所記者クラブ(2)府中市役所記者クラブ
登壇者:
増山麗奈(映画監督)
源光士郎(主演/土方歳三役)
クセーニア・アリストテワ/
アンドレイ・ムイシュキン監督
他出演者

こんにちは、私たちは一般社団法人ユーラシア国際映画祭です。私たちは現在フランス・ロシアなど多国籍なチームで侍が世界に渡る映画「歳三の刀」を製作しています。3年前より、役者たちが準備・稽古を元、いよよ5月16日から28日まで合計6名のロシア人監督、俳優、女優、撮影スタッフ、プロデューサーを招聘し、日本での本撮影が始まります。
(1)主演の土方歳三役の源光士郎は相模原市に稽古場を構えています。神奈川県相模原市のおおだ山荘や、八幡神社などでロケを行い、相模原市の日本の観光促進・発展を願って映画撮影を行います。(ここまで1)
(
2)東京都府中市のロシア料理屋のペーチカでロケを行い、府中の大國魂神社を舞台としたシーンの撮影もあります。多摩地域・府中の発展を願って映画撮影を行います。幕末の府中で唄われた曲の演奏も行い、(ここまで2)
本作は150年前の日本伝統文化を世界に伝えます。2022年9月完成予定。
幕末の日本で活躍した新撰組の土方歳三が隕石の刀を持ち、大陸に渡ったという歴史ファンタジーストーリーです。刀を巡る現代とかこの闘争劇。主演の土方歳三役を源光士郎が演じ、辰巳琢郎、加藤登紀子、マキシム・コロソフ、クセーニア・アリストラトワなどが出演する。監督は多摩地域在住の映画監督、増山麗奈、アンドレイ・ムイシュキンが共同監督。

鉄のカーテンを超え、世界中でのヒットを目指す。2022年アムールの秋映画祭や、2023年モスクワ国際映画祭で上映予定。俳優・監督らが本作への思いを語る5月16日(月)〜5月28日(土)まで
5月21日(土)10時〜ザムザ阿佐ヶ谷で関連映画祭も開催される。撮影中のロケ取材もお待ちしております。


主催者概要 一般社団法人ユーラシア国際映画祭
代表理事 増山麗奈 東京都日野市南平7-2-17
電話 080-6687-4118
Email eurasiafilmfestivaltokyo@gmail.com

-------------------------------------------------------------
◎スタッフ
監督:増山麗奈 (現場責任)、アンドレイ・ムイシュキン(国際撮影チーム)
翻訳:タチアナ・チリコバ ドミトリー・トカチェンコ  
編集:鵜飼邦彦  
脚本:江良至 増山麗奈
新選組検証:汐海珠里
天然理心流指導:髙鳥天真(天然理心流試衛館館主)
殺陣指導:兼田玲菜
武術指導:島津兼治
協力:株式会社クラブハウス
協賛:「Progress」・日野宿「ちばい」
後援 株式会社クラブハウス 株式会社コスモグループ 株式会社リード・リアルエステート多摩レイクサイド FM 株式会社ライスパワー プログレス (株)小糸伸輔の店  
日本国文化庁 文化継続支援事業
令和3年度栃木県文化等助成事業
日野市商業活性化

【歳三の刀 映画応援企画 関連イベント】お問合せ office@eurasia-film.com

お問い合わせ

ご不明点・ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。